新社会人のキャッシング事情

新社会人のキャッシング事情

ストレスを貯めすぎない程度の返済計画が無難

新しい環境での生活や仕事で新社会人の方々はストレスをためこみがちです。そこに、さらにキャッシングの返済というストレスが追加されることにより、蓄積されたストレスが爆発して日常生活に問題が出てくるかもしれませんし、最悪の場合ストレスによる鬱症状も考えられます。

まぁ、これは極端な話ではありますが、何にしてもストレスなんてものは溜めこまないことに越したことはありません。ですので、キャッシングの返済はストレスがたまらない程度にとどめておくことが無難だと思います。

例えば、給料から必要な生活費だけをとって、残りのすべてを返済にあててはいませんか。そういうことをしていると、必然的に自分の買い物はできなくなります。何も自分に対しての娯楽的なお金を使わないというのは、意外にもストレスになることが多いのです。

ですので、自分に使う分のお金をすべて削ってしまうほど返済にあてることは考えずに、毎月これだけは自分のお小遣いというお金を持つようにしておきましょう。1万円くらいでも、好きに使えるお金があると気分的に違うものがあり、毎月の返済で心が苦しくなり、それがストレスになることも軽減されます。

ちなみに1万円程度でストレスを緩和できるのかと思う人は、中古ゲームでも買ってみてください。古いゲームであれば1万円でかなりの本数買うことができ、さらにゲームは値段と時間の関係を考えた時、値段に対してかなり長い時間遊ぶことができるものです。

その他にも小説や定額制の動画サイトなど、今やお金をあまりかけないで楽しむ方法はいくらでもありますので、こういった方法でとにかくストレスを発散、またストレスを貯め込まないようにしつつ、無理のない返済をしていってください。

もし、お金のかかる趣味しか持っていないという人も、あまり極端な考え方をせずに一度こういったものを試してみることで、お金がなくても楽しめることを実感できるかもしれません。