新社会人のキャッシング事情

新社会人のキャッシング事情

自分の給与と返済額を考えてキャッシング

借りたものを返すというのは社会的なルールです。どこかの漫画のキャラのようにお前のものは俺のものでは社会は成り立たないので、キャッシングでお金を借りたら必ず返済をすることになります。

毎月の給与では苦しい新社会人が、キャッシングを使った時、返済にあてるお金はどこから出てくるのかといえば、ほぼ確実に自分の給与でしょう。

自分の給与から返済するということは、普段の生活費に返済額というものを追加して考える必要があるのですが、初めてのキャッシングだとどのくらいを返済にまわせばいいのか見当もつきません。そこで、給与と返済額の関係について考えてみましょう。

まず、キャッシングを利用するなら、返済額は必ず返済にあてられる分よりも低く設定するようにします。何故なら、生活費をギリギリだけ残して他を返済に充ててしまうと、急な出費でまたキャッシングを利用しなくてはならない状況に陥るかもしれません。

そうなった時を想像してみてください。返済総額が増えてしまううえに、そこに利息が付くので、もっと余裕を持って給与を残しておくんだったと後悔することでしょう。

ですので、必ず余裕を持って返済できる金額に設定しておき、今以上に借り入れ額が増えることを防ぎます。そして、給与を受け取ったらまず返済をするようにしてしまいましょう。返済日がまだの時には、給与から返済にあてる分は別にしておき、絶対に使わないという硬い意思をもっておいてください。

もし、決められた日までに返済ができないなんてことになれば、延滞金が発生してしまい、さらに返済しにくくなってしまうからです。

このように自分の給与から返済額を設定し、返済できないということがないようにしておきます。ちなみに返済が遅れるということであれば、電話でキャッシング会社に相談してみましょう。しっかり返済できない事情を伝えれば、理由によっては返済まで少し待ってくれるという場合もあるようです。