新社会人のキャッシング事情

新社会人のキャッシング事情

元金を減らさない限り借金は絶対に減らない

キャッシングで借りたお金を毎月返済しているのに何故か知らないけど全く返済残額が減らないという経験をお持ちでは無いでしょうか。これはよくある話で、このような状況に陥ってしまう人はキャッシングの返済の仕組みを知らないことが多いのです。

それというのも、キャッシングの返済方法には大きく1回払いとリボルビング払いというものがあり、毎月の返済となると、どうしてもリボルビング払いをする必要が出てきます。

このリボルビング払い、借り入れの総額に応じて利息が発生する仕組みになっているため、支払総額は分割払いと比べ低いのですが、変わりに最初のほうの返済は、そのほとんどが利息部分にあてる返済ということになりがちです。

もちろん借入金額が返済によって減ってくれば、利息部分も減ってくるので返済で借り入れ額がどんどん減っていくのですが、それまでは元金がほとんど減らず、返しても返しても元金が減らないということになります。

これを回避するためには、利息だけの支払いでは無く、少しでもいいから元金のほうを減らすことです。どうやって減らすのかといえば、とても簡単な話で、毎月の返済に出来るだけの金額を上乗せしてやりましょう。

そうすれば、いつもの支払いでその月の利息分は払い終え、上乗せした分というのは全てが元金を減らしてくれるものとなるのです。元金が減ることによって、利息部分も減り一気に返済回数が短くなるという、信じられないようなことが現実となります。毎月の給与から上乗せするのが難しいというときには、ボーナスを使ってみましょう。

ボーナスは新社会人でも結構な金額を受け取ることができるはずなので、それを返済にあててしまえば、元金が一気に減り、今まで減らなかった借金も一気に減ることを実感できます。

このような仕組みから、いくら返済しても借金が減らないという現象が発生していますので、今までこの仕組みを知らなかった人は、余裕のある時に多めに返済してみてください。